Arrow
Arrow

FXでは

為替取引では、例えば外貨預金の場合は、取引を行うときには為替手数料が生じますが、FXでは、為替手数料がそれに比べて安いのです。FX会社により、為替手数料の利率は異なるけれど、外貨の20分の1で済むこともあるのです。

また、FXにはもう1つ、コストがかかり、スプレッドと言います。外貨の買いと売りのレート間にある差額。この差が大きければスプレッドの負担が重くなるので、スプレッドが小さいかについても、よく検討する必要があります。

外貨預金は、外貨建ての預金ですので、為替レートの変動により損益が大きく変わります。外貨を預金している銀行が破綻したら、円建てと違い、元本が戻らなくなる恐れがあります。FXは違います。通貨を売買する金融商品なので、通貨の価値が0になるということには、なかなかならないのです。

●レバレッジ

少額資金で大きな取引ができるので、元手より大きな収益を得ることができます。てこの原理です。小さな力で、大きなものを持ち上げる、これがレバレッジ効果です。もちろん逆の場合リスクもあります。

個人レベルで適切なレバレッジは2倍、3倍くらいでしょうか。

2倍ほどのレバレッジであれば、それほど大きなリスクにはなりません。

●スワップポイント

個人が外貨投資をする場合は、少し長い目で見て、確実に得られる為替差益に目を向けましょう。これがスワップポイントです。細かい為替レートの変動を追わずに最初に大きな高金利通貨を選んで、長期で持つといいでしょう。金利差益を狙うのは、金利の見通しは簡単にできるからです。日本より、外国通貨に投資した方がもっとゆったりと効率的に運用ができます。自分の時間も増えることでしょう。

●外貨を売ること

外貨を買うだけではなく、売ることでも取引ができるのがFX利点ですが、プロでも難しいようですので、外貨を売るのはやめた方がいいです。

●FXを始めるとき

年間の家賃、旅行代や交際費、ローンなどを稼ぐ、と年間の目標を決めて、それを達成したらもう欲張らないこと。達成したら、今後のマーケットの研究をしたり、少額資金で試行錯誤を繰り返し勉強をするのも良いでしょう。

●FX会社の決め方

200弱もあるFX会社から、どこの会社を選んだらいいでしょうか。例えばFX会社が破綻しても預けた証拠金が守られる仕組みがあるかどうか、株主に大手金融会社が入っているかどうか、取引がしやすいか、コールセンターでも取引ができるかどうか、ネットで画面をみたときに、取引画面は仕組みがわかりやすいかどうかをチェックしておきましょう。

●あまりに大きなリスクを負って運用すると、大きく損もするという不安もいつもつきまとい、相場の動きに一喜一憂することになりますから、冷静な判断で取引をしましょう。

●情報収集

金利をメインに外貨投資を行うときは、その国の情報が入手できなければ、見通しも立ちません。自分が投資しようとしている国の情報が把握できるかはとても重要です。

●外貨建てMFF(マネーマーケットファンド)

外貨建てMMFは金利も高いし、便利なので、とても魅力的です。外貨建てMMFは投資信託の1種で、海外の資産運用会社が運用しているものを、日本の金融機関が個人投資家向けに、輸入販売しています。外貨ベースでの元本は安全性がとても高い商品です。日本のMMFは米国のMMFをモデルに商品化されたもので、マネー・マネジメント・ファンドと言います。外貨預金には、外貨預金のように利率の表示がないのですが、代わりに7日間の平均運用実績が、表示されています。金利水準を比較するときに参考になります。外貨建てMMFは期間のない商品なので、手数料なしで換金できます。

●外貨預金よりも資金が少額でいい。

外貨建てMMFは外貨預金より、小口の資金で、始めることができます。銀行も販売していますが、最低購入単位が証券会社の方が、外貨預金より高く設定しているようです。外貨建てMMFの選び方は、為替手数料を重視して選びましょう。

●投資信託とは

投資信託は、複数の投資家からお金を集め運用し、その収益を分配するという仕組みです。

admin

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です