内科
内科
内科
Arrow
Arrow

誤嚥

患者が喉頭や気管内に異物がつかえて喉頭攣縮を誘発することがあり、その場合、肺水腫の急速な進行により急性の呼吸困難を招く必要があります。失声症は喉頭や気管内の異物混入を示唆するのかもしれず、直ちにHeimlich手技試行や強制的に咳をさせるなどして異物を取り出さなくてはなりません。

チアノーゼは重篤な呼吸障害になりうるのでほとんどが緊急に挿管を要します。誤嚥は口膣咽頭内奥物の声帯より下の喉頭への混入と定義づけられます。誤嚥の診断には、誤嚥を起こしやすくする状態、例えば、意識障害、嚥下障害、食道の昨日不全を確認するなどがあげられます。診察の重要ポイントとしては、頭部、眼球、耳など、歯が欠落してたり緩んでたりしないか、また、歯肉炎の有無を調べます。頸部については、口腔咽頭内の腫瘍がないか、頭頸部に以前の手術後やX線療法後の変化がないか調べます。肺については、端鳴と呼吸音減弱は何らかの誤嚥による可能性があります。

誤嚥の危険性を持つ患者が突然呼吸促迫となった場合には、誤嚥を疑わなければなりません。早期治療が重要です。経管栄養患者は胃の内容が空であることやベッドの頭部45度挙上を確認します。

admin

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です