為替特約付き外貨預金

レー 卜より円安になったときは、 満期金は預入時のレー トで円に戻されます。利益は受け取れますが、 通常の外貨預金なら得られる為替差益は得られません。 預入時に円高になったときは、 外貨のまま戻ります。円にも戻さ ないので、為替差損は生じません。 このように、為替特約付き外貨預金は、 円高リスクを抑える代わりに円安のメリッ卜は得られない というものです。仕組みが複雑な ので、説明をしっかり受けて理解し、メリッ卜・デメリッ 卜につい て納得したうえで利用すること が大 切です。銀行の サービス内容をよく調べておくとよいでしょう。為替特約付 外貨預金とは 外車預金は金利が魅力だが、 為替の リスクは避けたいという 人のために、為替特約付きの外貨預金を扱う銀行もあります。 銀行によって仕組みは多少違いますが、多くはあらかじめ満期の 直前に判定日 を設けて 、その日の為替レー トによって満期金の 受け取が円にな ったり外貨になったリします。 判定日のレートが預入のときの為替レート が変動するのは、円と外国の通貨の交換がそれだけ多く行われて いるからです。例えば、日本からアメリ力に輸出している企業は、商品代金を ドルで受け取り、円 に交換します。アメリカから輸入している企業はこの逆のことをします。 しかし、輸出量と輸入量は一致しませんから、その 時々で円を買いたい企業が多くなったり、 ドルを買いたい企業が多くなったりします。為替も他の商品と同様、需要が多けれは高くなり、需要が少ないと安くな ります。そのため、為替レートも変化するわけです。 このほか、日本と外国の政治や外交が絡んで変動す るとともありますし、景気動向や金利も為替レートに 大きく影響します。