海外旅行で知る為替レート

私たちにと って為替レートが一番身近に感じられるのは、 海外旅行のときではないでしょうか。 例えば、 1ドルが 100 円のときにハワイに旅行したとします。 このとき、日本から 10 万円持っていくと 1000 ドル分の買い物 ができますが、 1ドル 110 円のときだと、同じ 10 万円でも 1ドル =100 円ドル分しか買い物できません。このように円高・ドル安になります。 では、これがドル建て預金の場合ではどうなるでしょうか。例えば、 1ドル 100 円のときに年利 5% のドル建て 1年定期預金に、 10 万円預けたとします。10 万 円は 1000 ドルですから、 1年後の受取額は1050 ドルです。 もしそのとき、円安になってい て、 為替レートが1ドル 110 円だったら、 円に戻したとき の手 取額は1050 × 110 = 11 万5500 円になります。 ところが、逆 に円高が進み、為替レートが1ドル 90 円だったら、 1050 ×90 = 9 万4500 円となり、元本割れしてしまいます。  このように、外貨建て商品を利用する際には、元本割れしない為替レートをあらかじめ計算しておき、もし満期のとき にそれより円高になっていたらどうするかを考えておくことも 必要です。