携帯電話を利用した取り組み

総務省は2007年から発売のすべての3G携帯電話にGPS受信などの位置情報機能を搭載することを義務づけました。119番に電話して住所を言わなくても救急車がかけつけてくれるようになりました。

医療分野ではトイレや指輪など、日常利用する機器にセンサーを設置し、遠隔地にいる専門家から健康診断を受けられる機能搭載を進めています。

また、携帯電話が体温計代わりになるように温度センサーが取り付けられたり、脈拍を測るなど健康管理端末としても利用できます。

携帯電話のアプリを使ってタクシーを呼ぶことが一般的になってきていますが、交通システムとケーターが結ばれることで、必要な時にバスを呼ぶことも可能になって来ています。

翻訳ケータイ電話が実現し、携帯電話が翻訳してくれる日も近いでしょう。ケータイ単独で翻訳してくれる翻訳エンジンの搭載も近いでしょう。最近は合法的な携帯決済現金化も進んでいます。