外国為替市場は24時間マーケット

外貨売却・外貨購入をする外国為替市場のイメージで多いのは「グローバル」「眠らな い」「24時間市場」といったものです。言い換えると、それだけ外国為替市場は国際性や自由度が高い市場であるということでしょう。

外国為替市場は、世界のどこにいても、どの市場とも取引ができる市場です。また取引する商品は世界共通であり、24時間いつでも取引が可能です。日本の銀行や企業は東京市場で 取引を行うのは当然ですが、営業時間帯が重なるシンガポールやロンド ン、ニューヨークの市場でも取引をしていることが多いです。反対に東京市場が開いている時間にニューヨークや香港の銀行や企業が、日本の銀行相手に取引を行うこともあるようです。

このように時間帯や場所に縛られず、誰でも、どこでも、 いつでも取引できるのは、主要通貨(円、マルク、ドル、ポンド、 スイスフラン)の外国為替という商品がどこの市場でも取引されていて、取引の際の決まりも各国でほとんど同じだからです。

一日の最初の市場はニュージーランドのウェリントンで始まります。24時間市場の一つであるウェリントン市場のディーラーたちは、早朝に出勤してニューヨーク市場の後場から取引をスタートします。その後、オーストラリアのシドニー、東京、香港、シンガポール、ヨーロッパ大陸、ロンドン、ニューヨーク、米国西海岸と、外国為替市場は地球を一周していきます。外国為替市場と同じような規模で自由度の高い市場を持つ業界はほかにはないでしょう。