嘔吐の治療

激しい嘔吐は、低カリウム血症、低クロール血症、代謝性アルカローシスといった、様々な電解質異常を生じる可能性があるようです。全血球計算と白血球文画は、ヘマトクリット上昇は体液消失と何らかの関係があるようです。貧血は慢性の消化管出血または大量の急性出血であるばあいがあるそうです。

また、X腺検査とその他の検査においては、緊急腹部X線検査においてもし、患者が妊娠している可能性があるなら、HCGテストの結果がでるまで延期すべきでしょう。急性心筋梗塞の診断に役立つ、ST低下あるいは上昇、T波の逆転あるいはQ派は、心筋の虚血らしいです。

悪心と嘔吐の治療計画は、閉経にある根本的な原因を治療することが、管理上必要です。胃管は閉塞があるなら、減圧するために使用するべきでしょう。悪心と嘔吐の治療計画は、最も良く使われる制吐薬として、フェノチアジン系の薬があげられます。また、中枢神経系のドパミン受容体をブロックするブチロフェノン系の薬物もあります。その他にも、さまざまな薬物があります。

悪心、嘔吐を予防するために、効果的な薬が色々あります。