嘔吐に関連する疾患

悪心と嘔吐と関連して、応急手当が必要な疾患があります。それは、消化性潰症、以前の腹部手術などの病歴がある人で結構起こったりするようです。小腸、大腸の閉塞が起こり、癒着している場合もあります。原発または二次性の転移性腫症、宿便、活動性の炎症性腸疾患による狭窄、腸内寄生虫、胆石、嵌頓ヘルニアあるいは捻転が原因の可能性もあるようです。また、原因には腹部手術、後腹膜あるいは腹腔内血腫、重症感染症、腎疾患、低カリウム血症のような代謝障害などあげたらきりがないですよね。

また、限局性の痙攣などの結果、機械的閉塞が起こったりするようです。通常は背部に放散する腹痛に関連することが多いようですが。

胆石、炎症などからも痛みは起こります。限局性の血管圧排あるいは心拍出量の低下による虚血性腸炎は、便潜血陽性の大便がよく見られます。しばしば右の下腹部通、発熱、左方移動を伴う白血球増加症と関係したりしているようです。

また、悪心と嘔吐は急性心梗塞の症状を示すことがあり、胸痛がないこともあります。悪心と嘔吐は、片頭痛はたいてい片側性の頭痛で、以前のにたような頭痛の既往歴があるものです。また、体重減少などの尿毒性のものは、睡眠と強烈な痛みを伴う場合があります。専門の医師にみてもらいましょう。