嘔吐の原因を決定する

内科で悪心と嘔吐を判断するとき、病歴と徹底的な身体検査を病院でやってくれると思います。腹膜炎や頭蓋内病変といった緊急の処置を要する重大な要因を識別するために専門の医師が対応してくれるかと思います。腹部全体の腹痛および発熱で入院する患者が、激しい悪心と嘔吐が見られた時、ドクターコールで内科の先生が呼ばれると思います。

確認すべき患者のバイタルサインは、発熱、胃腸炎、腹膜炎または胆嚢炎などといった炎症性疾患だろうと思います。また、体液の消失と敗血症に二次的に起こる可能性もあるようです。高血圧と徐脈は頭蓋内圧の上昇を反映している可能性もあるようです。

悪心と嘔吐はいつ起こるのかを確認することも重要ですよね。食事中、もしくは食後に嘔吐が発生する場合には、心因性の原因かもしれませんし、大量の嘔吐物と分泌物は、普通は部分的あるいは完全な腸閉塞、胃アトニー、まれにガストリン産生腫瘍の疑いがあるかもしれません。

また、患者がアルコールを飲んでいたかもチェックポイントです。また、悪心や嘔吐を起こすたいていの腹部原因は腹痛であるらしく、悪心、嘔吐の病因を決定するのに役立ちます。いずれにせよ専門の医師の判断と治療に従いましょう。