携帯の高機能化

携帯電話はモバイルマルチメディアによる高機能化が進んでいます。携帯電話のパソコン化が進み、表示の画素数は高精細化が進んでいます。また、携帯のデジタルカメラ化、ビデオカメラ化も進んでいます。画素数も年々増加の一途をたどっています。光学ズームの機能も年々改良が進み、オートフォーカス機能やストロボ機能、画像の修正機能なども登場しています。

また、携帯電話で音声を使えるようになったため、OSを意識することは少なかったのですが、携帯電話でインターネットを利用するのが当たり前になったため、OSの搭載が重要になってきました。携帯電話の各種情報サービスが広がるなかで、ソフトウェアの開発量が膨大になったからです。

また、NTTドコモから、「おサイフケータイ」が発売され、携帯電話がサイフ化されました。これによって決済を携帯電話で済ませる人が増加し、現金を持ち歩く必要がないという状況が実現可能となりました。さらに、非接触ICチップで読み込むリーダー機能を搭載することが予測されています。現在、このキャリア決済に対応するサービス会社はどんどん増えています。現在、すぐにキャッシュがほしい層に携帯キャリア決済が人気です。